伝統の和菓子屋さん「宝来家」の最中は贈答に最適

LINEで送る
Pocket

ヴォワザンに行く道にある格式ある和菓子屋さんです。
あまりに重厚な感じで、とても入れませんでした。しかし、最中が美味しいと知り、行ってみると入口が開いていました。暑いからかな?開いていると入りやすくて、さくっと入れました。

歴史ある宝来家

20150510a

1919年創業で、現在90有余という歴史あるお店です。今の店主で3代目だとか。

ずっと和菓子屋さんと知らず、呉服とか乾物とか、そういったお店かと思っていたくらいです。格式があって、気軽に入れる雰囲気ではないのすが、入ってしまうと普通でした。

20150510b

最中がメインでした。そして桜饅頭や柏餅、大福などありました。どれもやや小ぶりで上品な感じです。箱詰めの商品が多くて、贈答用として使われることが多そうです。

お茶をいただきました

20150510c

店の奥には囲炉裏を囲んだ席と、手前にはテーブルと椅子がありました。「お茶をお出ししますのでお座りください」と言われて、どうしたらいいのかわからず座ってまっていたら、上品なお茶を出してくださいました。
和菓子を買って、その場でいただくこともできるようです。10席ほどあります。

私は恐縮してお茶をいただき、代金を払って帰りました。

お茶が抹茶入り煎茶のようで、美味しかったです。

縁起のよさそうな最中です

20150510d

最中はばら売りもありました。1個140円(税別)
一口サイズを少し大きくしたくらいで、お上品なサイズ。ちょっと食べたい時によいです。

20150510e

そして、注目は「宝来」の文字

なんとも縁起のよさそうです。家に宝を得たい方、宝くじ当たりたい方?、子宝に恵まれたい方など、運担ぎに最適です。”うちに宝よ来い~”って感じでしょうか。これは贈答にも縁起が良いです。そして、荻窪の手土産にもよさそう。

20150510f

味は皮がパリッとして良いです。中のあんこややや甘めですが、半分に割ると、一口サイズなのでそこまで甘くはないと思うが、あんこが苦手な人には甘いかもしれないです。パキッと割って2口で完食。

20150510g

あまり日持ちはしないので、買いすぎ注意ですね。

他にも大福がおいしそうだったので、今度また行ってみようと思います。ヴォワザンへの通り道で和菓子も買えます。意外にも、この道はケーキと和菓子の美味しい通りでした。

追記 西友に支店もあります

情報をいただきました。西友の1階に支店があるそうです。レジの横なので、帰りに立ち寄って和菓子を買うのにいいですね。同じお店とは知らなかったです。本店は歴史あるたたずまい、支店はスーパーの中。どちらも同じ和菓子が買えます。


宝来家 上荻店(本店)昼総合点★★★☆☆ 3.3

関連ランキング:和菓子 | 荻窪駅

※ブログランキング参加中です。よかったらクリックお願いします。 にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 杉並区情報へ

PR



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. だちょ より:

    あの雰囲気なので自分も店に入ったことありませんでした。
    宝来家は西友1Fにも支店があるのでそちらでは買ったことありますけど美味しいですよね。

    • mizutama より:

      だちょさん
      コメントありがとうございます。
      西友の1階にある和菓子屋さんは宝来屋さんだったのですね。
      コージーコーナーの前ですよね。知らなかった・・・
      今度じっくり見てみます。
      本店もぜひ行ってみてください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です